お役立ち情報

ブログ

  • 2021.08.24. ウイルス対策だけでは不十分?エンドポイントセキュリティとアンチウイルスソフトの違いとは?

     企業で使用するPCやモバイル端末には、パソコンに深刻なダメージを与えるウイルス感染やランサムウェアなどのマルウェア(悪意のあるソフトウェア)の攻撃を防ぐため、必ずと

    いっていいほどアンチウイルスソフトがインストールされています。

     

    しかし近年、サイバー攻撃の巧妙化や複雑化によって、今までのアンチウイルスソフト(ウイルス対策ソフト)だけではウイルスの侵入を防ぎきれないという問題が起きているのです。

     

    そのため新たなセキュリティ対策に有効とされているのが今回詳しくお話していく「エンドポイントセキュリティ」。


    リモートワークが広がり在宅勤務をする人が増えている中、サーバー、クライアントPC、モバイル端末はどんどん危険に晒されています。

     

    この機会に「アンチウイルスソフト」と「エンドポイントセキュリティ」の違いを理解して、PCやモバイル端末をウイルス感染やマルウェアの危険からしっかり守りましょう。

     

     

     

    アンチウイルスソフトと
       エンドポイントセキュリティの違いとは?

     

     






    «アンチウイルスソフトとは?»

     

    従来、PCにインストールされるセキュリティソフトといえば「アンチウイルスソフト」が中心でした。アンチウイルスソフトはPCやモバイル端末のウイルスの感染やマルウェア・ランサムウェアなどの意図しないパソコンを危険にさらすもののインストールを防ぐ働きがあります。

     

    そのためアンチウイルスソフトは危険を防ぐ「入口対策」ともいわれており、不正侵入検知や不正侵入防御などの役割を担い、ウイルスの組織内への侵入を食い止め、さらに感染した瞬間にそれを検知してウイルスを駆除・隔離する方法が有効だと考えられていました。

     

    しかし、ウイルス対策ソフトはエンドポイントセキュリティに比べて、パソコンを危険から守るために内包されている機能が少ないという問題があります。そのため、現在はよりPCやモバイル端末を危険から守り包括的なセキュリティ対策をするために「エンドポイントセキュリティ」が注目を浴びているのです。

     

     


    «エンドポイントセキュリティとは?»

    エンドポイントセキュリティは端末を包括的に守ることを目的にしたセキュリティ対策で、アンチウイルスソフトよりも多くの機能を備えています。

     

    製品によってその内容は異なりますが、エンドポイントセキュリティは「出口対策」といわれることもあり、ウイルス対策やマルウェア対策のみならず、暗号化やログオン認証、OS・ソフトウェアの脆弱性対策も含まれています。

     

    つまりエンドポイントセキュリティとは、ウイルス対策を含む様々なネットワークセキュリティ対策を包括的にパッケージ化したものといえるのです。

     

     

     

    ウイルス対策だけでは不十分!エンドポイントセキュリティを導入すべき理由

     




    «アンチウイルスソフトとは?»

     

    従来、PCにインストールされるセキュリティソフトといえば「アンチウイルスソフト」が中心でした。アンチウイルスソフトはPCやモバイル端末のウイルスの感染やマルウェア・ランサムウェアなどの意図しないパソコンを危険にさらすもののインストールを防ぐ働きがあります。

     

    そのためアンチウイルスソフトは危険を防ぐ「入口対策」ともいわれており、不正侵入検知や不正侵入防御などの役割を担い、ウイルスの組織内への侵入を食い止め、さらに感染した瞬間にそれを検知してウイルスを駆除・隔離する方法が有効だと考えられていました。

     

    しかし、ウイルス対策ソフトはエンドポイントセキュリティに比べて、パソコンを危険から守るために内包されている機能が少ないという問題があります。そのため、現在はよりPCやモバイル端末を危険から守り包括的なセキュリティ対策をするために「エンドポイントセキュリティ」が注目を浴びているのです。

     

     

    «エンドポイントセキュリティとは?»

    エンドポイントセキュリティは端末を包括的に守ることを目的にしたセキュリティ対策で、アンチウイルスソフトよりも多くの機能を備えています。

     

    製品によってその内容は異なりますが、エンドポイントセキュリティは「出口対策」といわれることもあり、ウイルス対策やマルウェア対策のみならず、暗号化やログオン認証、OS・ソフトウェアの脆弱性対策も含まれています。

     

    つまりエンドポイントセキュリティとは、ウイルス対策を含む様々なネットワークセキュリティ対策を包括的にパッケージ化したものといえるのです。

     

     

     

    ウイルス対策だけでは不十分!エンドポイントセキュリティを導入すべき理由

     




    そこで注目さているのが、企業や法人向けに提供されている「EXOセキュリティ」です。

     

    EXOセキュリティはアンチウイルスソフトでは防ぎきれないウイルスやランサムウェアなどのマルウェアの危険からPCやモバイル端末を守ってくれます。

     

    基本的な機能としては、

     

    ・人工知能とクラウド分析技術を採用したアンチマルウェア遮断技術

    ・新種のランサムウェアの防御

    ・悪性サイトのアクセスを遮断

     

    などの、基本機能を搭載しており、さらに個人情報保護として、

     

    ・暗号化されていない個人情報の検出

    ・暗号化勧告または強制暗号化

     

    の機能があります。

     

    また情報漏洩対策やプログラム遮断機能、管理の簡単さも重要視して作られており、このような包括的なサービスのため非常に人気を集めています。

     

    エンドポイントセキュリティを提供するEXOセキュリティはB2BSaaS(Business to Business Software as a Service)といわれ、企業や法人向けのサブスクリプションサービスです。

     

    そのため、ソフトウェアやシステムを所有するのではなく、クラウドサービスとして一定期間の利用権の料金を払うことでサービス利用が可能になります。

     

    «EXOセキュリティは月額5,000»

     

    EXOセキュリティは50人のユーザーで月額5,000円(税込)です。そのため50人でサービス利用したとすると、1人あたり1ヶ月たったの100円で使用することができます。

     

    他の会社では、50人のユーザーで月額24,000円や、月額19,300円などEXOセキュリティに比べて高額であるにも関わらず、EXOセキュリティよりも機能が少ないことが多くあります。

     

    EXOセキュリティの機能の充実性で、月額5,000円ならコスパ最強といえるでしょう。

     

    そんなEXOセキュリティは無料トライアル期間もあります。

    企業・法人でセキュリティ万全なセキュリティ対策、マルウェア対策をしたい方は現在注目を集めている「EXOセキュリティ」をぜひ無料で1度お試ししてみてください。

     

     

     

     

    まとめ

     

     




    いかがでしたでしょうか。

     

    本記事では

     

    ・アンチウイルスソフトとエンドポイントセキュリティの違い

    ・エンドポイントセキュリティの重要性

    ・おすすめのエンドポイントセキュリティ対策サービス「EXOセキュリティ」について

     

    説明しました。

     

    事業の推進に用いるべきリソースを、危険対策にあてることによる機械コスト、コンプライアンス違反による財務コスト、そして大規模セキュリティ侵害によって引き起こされる企業評判の低下によるコストを考えると、企業・法人はエンドポイントセキュリティの導入は必須といえるでしょう。

     

    この機会にアンチウイルスソフトとエンドポイントセキュリティの違いをよく理解して、エンドポイントセキュリティにより企業のPCやモバイル端末を危険から守る対策を施してみてください。